【板前レシピ】そら豆 茹で方/茹で時間

美味しくそら豆を食べるには茹で時間が大切!丁寧な薄皮の剥き方などそら豆について徹底解説!

そら豆について

空豆(ソラマメ)は様々な呼び名があり良く耳にする呼び名だと天豆(テンマメ)一寸豆(イッスンマメ)

そら豆 旬

早い物は1月頃から見かけるが旬は4月~6月の初夏

そら豆 主な産地

千葉県、鹿児島県、茨城県

そら豆 食べ方

茹で、焼き物、煮炊き物、蒸し物、様々な食べ方を楽しむことが出来る。

そら豆の説明はこれくらいにして

どもども板前ちっぴぃです。

いやぁ~。個人的にそら豆は茹でるが一番!と思っております。

ただ、茹でたそら豆は旨い!のは間違いないのですが...

そら豆は一見、火が通りずらく思えつい長めに茹でてしまう方を見かけます。

そら豆は見かけによらず短時間で茹であがり、茹で時間を間違えるとぐにゃぐにゃとした食感なってしまいます。

好みにもよるのでそれが間違っているということではありませんが、せっかくのそら豆!

適度に火を通し、なんとも言えないそら豆のほろほろとした食感!香りを楽しんで頂きたい!

そこで今回。

そら豆の茹で方や薄皮のむき方について/提供する相手のことを考えた丁寧な薄皮のむき方など初めてでも美味しいく茹でたソラマメを楽しんで頂けるよう

分かり易く茹でソラマメについて解説していこうと思います。

そら豆 剥き方/取り出し方/下処理/茹で方/作り方

1 画像で確認出来るようにそら豆のサヤの周囲の繋ぎ目に指を差し込むにしてサヤを開いてそら豆を取り出す。
f:id:chippy55:20210305205358j:image

※サヤの中に大体2~3粒のそら豆が入っている。
f:id:chippy55:20210305205417j:imagef:id:chippy55:20210305205441j:image

2 サヤから取り出したそら豆には薄皮がついてる。そら豆のお尻の方に黒っぽい線がついている。そちらとは逆側のつるんとした部分に沿わせるように浅く包丁で切り目を入れる。

コツ!ポイント!

※薄皮に切り目を入れることで火の通りがよくなるのはもちろん。茹でた際にそら豆に適度な塩気が入る。

※つるんとした方に浅く切り目を入れるのは食べる際にそこから簡単に身を取り出せるようにするためでもあるので、短い切り目ではなく食べるときキュッとそら豆を押した際に身が出てくるように長めの切り込みを入れる。
f:id:chippy55:20210305205513j:image

※薄皮に切り目を入れた状態。
f:id:chippy55:20210305205535j:image

3 鍋に水、塩(水に対して2%の塩)を入れ沸かす。沸いたら処理を済ませたそら豆を入れ大きさに合わせて1~2分茹でる。

塩茹では基本的に1.5~2%程度の塩分濃度にする。

例 水1000mlに対して塩1.5~2%の15~20g

コツ!ポイント!

※そら豆の粒の大きさは様々で小さな物は一分程度、大きな物は2分程度茹でる。状況や状態、料理する環境など異なるため何分と決めつけることが難しいが、これを目安とし一度時間が来たら一粒取り出し確認する。

※とにかくそら豆は茹で過ぎ厳禁と言っていいほど大切なので必ず確認すること。
f:id:chippy55:20210305205638j:image

4 茹で上がったそら豆をザルなどに乗せ水気を切る。
f:id:chippy55:20210305205649j:image

そら豆 薄皮の剥き方

1 茹でる際に切り込みを入れているのでこのままの状態でもお尻の方をキュッと摘まめば画像のようにつるんと中身が取り出せる。

但し、自分が食べる場合などは切り込みが入っているのを知っている。

食べ方を知っているから良いが、皆が皆知っている訳ではない。

丁寧な剥き方、食べる方が分かるやり方をする場合、下の画像のようにお尻部分の上の部分に爪を立てる感じで切り目を入れそこからお尻部分を剥く。

そら豆のお尻部分を剥いた状態で器などに盛り付け提供する。
f:id:chippy55:20210305205852j:image

※爪を立てるようにして切り込みを入れた状態。
f:id:chippy55:20210305205910j:image

※爪を立て切り込みを入れそのまま剥いた状態。
f:id:chippy55:20210305205929j:image

どうでしょう?

今回ソラマメを茹でる/茹でソラマメを作り方の解説でしたが

ご覧の通り特に難しいことはありません。

ですが、シンプルな料理だからこそ些細なことで大きな違いがはっきりと出ます。

是非この機会にお試しください。

ソラマメ/焼きそら豆/作り方

itamae-recipe.com

様々な野菜や魚介の下処理/下ごしらえ/レシピ/食べ方

itamae-recipe.com

itamae-recipe.com

それでは皆様お付き合いありがとうございました!

また宜しくお願いいたしますぅ。