【板前レシピ】おかわかめ/下処理/下ごしらえ/食べ方

【おかわかめ】が旨すぎる!臭みの取り方/アク抜きはもちろん!おひたし/レシピ/作り方などまとめて徹底解説!

おかわかめについて

おかわかめ/由来

おかわかめとは、海藻ではなく野菜で、茹でると海藻のワカメのような食感になる。

陸/丘(おか)のワカメ→【おかわかめ】になったとされる。

おかわかめ/主な産地

大分県

おかわかめ/旬

旬をいつとするかは難しいが、

5月頃~10月辺りの葉が枯れる頃

おかわかめについての説明はこれくらいにして。

おかわかめ?スーパーなどで見かけたけど、普通の葉っぱみたいなのでしょ。

気にもしなかったよ。

食べてみたけど、生で食べられるって聞いたから、食べてみたけど、苦みは強いし、青臭いし、もう食べないかな。

全然、海藻のワカメみたいな食感じゃなかったよ。

そもそも食べ方が分からない。

なんて方が、いるとかいないとか。

ちょっと待った!

人それぞれ好みがあり、中には生で食べるなんて方もいるようですが、

生のままオカワカメを食べるとアクが強く、苦みもあり、青臭い。

生のオカワカメも包丁などで叩いて、細かく刻むとヌメリ/粘りは出ますが、正直どこがワカメなんだ?って感じになってしまうかと。

ところが、このオカワカメ!

サッと茹でると、あら不思議!?

葉が厚く、サクサク、シャキシャキとした食感で、ヌメリも出て、まるでワカメのように!?

そこで今回!

茹で方/茹で時間/アク抜き/苦みの取り方/青臭さの取り方!

【おかわかめ】の独特な食感やヌメリを最大限活かした!

お浸し/作り方など、まとめて解説していこうと思います。

f:id:chippy55:20210907021818j:image

 

 

おかわかめ/下処理/下ごしらえ/洗い方

1 オカワカメは葉が厚く、折れやすい。

ボールなどに水を入れて、その中にオカワカメを入れ葉を折らないように、注意しながら洗う。

洗い終えたら水気を切る。

コツ!ポイント!

※こう洗わなければならない!という訳ではないが、

経験上、オカワカメを洗う方法として、解説している洗い方が良いと考える。

好みに合わせてお試しください。

f:id:chippy55:20210906170144j:image

f:id:chippy55:20210906170207j:image

2 キッチンペーパーなどにオカワカメを並べ、折れないように注意しながら、水気をしっかりと取り除く。

f:id:chippy55:20210906170331j:image

f:id:chippy55:20210906170414j:image

f:id:chippy55:20210906170434j:image

3 茎を切り落とす。

f:id:chippy55:20210906170458j:image

おかわかめ/青臭さの取り方/茹で方

1 鍋に水、塩少々(水に対して1%量の塩/塩分濃度)を入れ、火にかて沸かす。

コツ!ポイント!

※オカワカメは茹でる(火を通す)こで、

青臭さ(臭い)を取り除くことが出来る。

f:id:chippy55:20210906170525j:image

おかわかめ/茹で時間/目安

 

 

2 沸いたらオカワカメを鍋に入れ、15秒~20秒程度、茹でる。

f:id:chippy55:20210906170540j:image

※菜箸などで、オカワカメの上、下を返すような感じで、まんべんなく火を通し、茹であげる。

f:id:chippy55:20210906170549j:image

おかわかめ/アク抜き/苦みの取り方/冷まし方

3 茹で終えたオカワカメを冷水(氷水)に入れ、一気に冷ます。

水にさらすことで、アクが抜け苦みも取り除くことが出来る。

オカワカメを冷まし、一度、味をみる。

まだ、苦みがあるようなら、そのまま水にさらす。

再度、苦みが残っているか確認する。

コツ!ポイント!

※氷を入れることで、茹で終えた熱い状態のオカワカメを入れても、水温が上がるのを抑え、一気に冷ますことが出来る。

f:id:chippy55:20210906170603j:image

4 オカワカメの水気を切る。

コツ!ポイント!

※水気をキッチンペーパーなどで、しっかりと取り除いたオカワカメに、サッと醤油などをかけても美味しくお召し上がり頂けます。

好みに合わせて、お試しください。

f:id:chippy55:20210906170618j:image

※茹で終えたオカワカメを包丁で細かく刻んだ様子。

このように、かなりのヌメリ(粘り)が出る。

f:id:chippy55:20210906170724j:image

おかわかめ/おひたし/作り方

お浸し/浸け地/作り方

1 鍋に出汁を入れて火にかける。

塩で味を整え、沸く直前に香りづけに薄口醤油少々(浸け地に色がつかない程度量)入れ、火を止める。

浸け地をボールなどに移しかえる。

下に氷水(冷水)を当て、しっかりと冷ます。

その他/お浸し/浸け地

出汁12、薄口醤油1、ミリン1を鍋に合わせ入れ火にかける。

沸いたら火を止めて、ボールなどに浸け地を移しかえる。

下に氷水(冷水)を当てしっかりと冷ます。

f:id:chippy55:20210906170818j:image

おかわかめ/おひたし/浸け方

 

 

2 ボールに少量の浸け地と、オカワカメを入れる。

オカワカメに浸け地を絡ませるように(地洗い)、菜箸などで、混ぜ合わせる。

コツ!ポイント!

※浸け地にオカワカメを浸ける前に、一度、浸け地でオカワカメを地洗いする。

地洗いすること、余分な水分が落ち、浸け地が薄まらない。

味馴染みがよくなるなどの、効果がある。

f:id:chippy55:20210906170633j:image

3 地洗いを終えたら、水気をしっかりと切る。

f:id:chippy55:20210906170646j:image

おかわかめ/おひたし/浸け時間/目安

4 タッパーなどの、容器に浸け地とオカワカメ入れる。

好みの浸かり具合になるまで、冷蔵庫に入れ浸ける。

浸け時間/目安

2時間程度~一晩

コツ!ポイント!

※2時間程度、浸けても美味しくお召し上がり頂けますが、しっかりと浸り具合が好みなら、一晩浸けるなど、好みに合わせてお試しください。

f:id:chippy55:20210906170656j:image

※浸け地の表面からオカワカメが出ないよう、ピタッとラップをかぶせる。

f:id:chippy55:20210906170705j:image

おかわかめ/おひたし/盛り付け/食べ方

1 器にオカワカメおひたしを盛り付ける。

浸け地を適量、注ぎ入れる。

好みに合わせて、鰹節(削り節)を天に乗せ完成。

コツ!ポイント!

※おかわかめのおひたしをそのまま、食べるのはもちろん。

醤油、土佐醤油、刺身醤油などをかけても美味しくお召し上がり頂けます。

※土佐醤油や刺身醤油の作り方などについて、詳しくはこちらをご覧ください。

土佐醤油/刺身醤油/作り方

itamae-recipe.com

好みに合わせて、お試しください。

f:id:chippy55:20210907023042j:image

くぅ~!うんめぇ~!

おかわかめのお浸し!

おかわかめのお浸しも、そうですが、

サッと茹で臭みやアクを取り、しっかりとした下処理や下ごしらえを済ませた、

オカワカメはクセや苦み、青臭さなど無く、

様々なアレンジレシピをお楽しみ頂けます!

※準備が整い次第になってしまいますが、

和風!洋風!中華風!を意識した、

気軽に簡単にお楽しみ頂ける、おかわかめアレンジレシピ解説記事を予定しています。

この機会に是非、お試しください。

おかわかめ/醬油漬け/ニンニク醬油漬け/作り方

itamae-recipe.com

おかわかめ/様々な簡単!アレンジレシピ

itamae-recipe.com

様々な野菜や魚介/肉/各種ホルモンなどの下処理/下ごしらえ/レシピ/食べ方

itamae-recipe.com

itamae-recipe.com

itamae-recipe.com

それでは皆様、お付き合いありがとうございました!

また、宜しくお願いいたしますぅ。